中尊寺金色堂

結城朝光(ユウキトモミツ)

レベル:数

65:5

タイプ

青ネームNPC(ノンアクティブ)

徒党構成

名前レベル種族(外見)初期状態主な使用技能
結城朝光65弓侍神将の強弓、強弓一矢?点破、守護術
佐竹秀義63槍侍五連撃・改一所懸命・極、守護術
小山朝政63弓侍三連射・改、守護術
和田義盛63弓侍
大庭景義63薙刀僧完全回復僧兵連撃・改業火法輪氷華法輪羅刹浄天

備考

  • 1の火力が高いがそれ以外はさほど脅威ではない。

出現地域

ドロップアイテム

  • 鎌倉の箱

武将列伝

結城朝光(1168-1254) ゆうきともみつ
鎌倉幕府の御家人。結城家初代当主。小山政光の四男。奥州合戦で金剛別当秀綱を討ち取り、その功により白河結城家の領土となる奥州白河三郡を与えられた。
佐竹秀義(1151-1226) さたけひでよし
鎌倉幕府の御家人。佐竹家3代当主。隆義の次男。当初は平氏方で近隣の千葉常胤や上総広常らと戦う。のちに源頼朝の家臣となり奥州征伐で武功を上げた。
小山朝政(1158-1238) おやまともまさ
鎌倉幕府の御家人。小山家2代当主。政光の嫡男。平氏討伐や奥州合戦にて活躍し、幕府の宿老の1人として参画。弓馬に堪能で流鏑馬の作法について語った。
和田義盛(1147-1213) わだよしもり
鎌倉幕府の御家人。侍所別当を務めるなど、源頼朝の信頼は厚かった。頼朝の死後、北条義時と対立し、北条家打倒を目指して挙兵するが、敗北して自害した。
大庭景義(1128-1210) おおばかげよし
鎌倉幕府の御家人。保元の乱で源為朝の矢に当たり歩行困難となる傷を負う。源頼朝が挙兵した時は弟・景親と袂を分かつ。奥州征伐では意見が採用された。

その他情報

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 鎌倉の箱から桜花の原石が出ました。 -- 2016-03-13 (日) 09:33:03
  • 箱から、桜花の原石、水仙の欠片、家臣団手形30、格式帳5 -- 2016-03-14 (月) 01:37:13
お名前: