越後武将一覧

上杉景勝

レベル:数

75:7

合戦配置陣

後陣武将

タイプ

勇将

戦闘開始時セリフ

上杉景勝_01.jpg


構成

名前職業レベル初期状態使用技能
上杉景勝刀侍60手選三十五腰武運長久一所懸命・極八箇必勝、一刀流、守護術
担猿中忍刀忍者55
林泉寺僧兵55反射結界
上杉方士精鋭懐剣陰陽55結界
越後強弓衆弓神主55反射結界
北信濃鍛冶衆鉄砲鍛冶55
越後山伏錫杖薬師55再生

争覇の章以前

名前職業レベル初期状態使用技能
上杉景勝一刀侍50沈黙の霧・壱蘇生・壱
上杉管領衆陰陽50
力士衆鉄砲鍛冶50仁王立ち
上杉管領衆陰陽49
毘沙門軍楽隊神主48結界蘇生・壱詠唱の韻・極
酒豪行者薬師47
越後精鋭刀侍46

特徴

  • 争覇の章より、通常武将へ昇格。
  • 手選三十五腰:攻撃の韻?(レベル2の時間は2分)+全体槌(属性はランダム、効果時間は5分)

部隊アイテム

ドロップアイテム

大決戦伝令

武将列伝

長尾政景の子で、上杉謙信の養子。「人前で笑顔を見せたことがない」と言われるほど厳粛な性格であったという。
同じく謙信の養子であった上杉景虎との家督争いは越後のみならず武田家北条家をも巻き込むほどのものであったが、これを制して上杉家を継いだ。
家督継承後の上杉家は織田家の進軍により滅亡寸前の様相を呈していたが、本能寺の変の発生で織田軍が撤兵したことにより難を逃れている。
その後も新発田重家の反乱などの火種を抱えるが、かねてよりよしみを通じていた豊臣秀吉に臣従すると一応の安定をみせた。
秀吉の死後には関ヶ原開戦の引き金ともなる会津征伐を決行したが、石田三成率いる西軍の敗北によって徳川家康に降伏している。
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英雄が覇を唱えた激動の時代の中にあって上杉の家をよく守り抜いた名将。

なお、技能や部隊アイテムに用いられている「三十五腰」は名刀カタログのようなもので、刀の愛好家であった景勝が直々にまとめたもの。

その他情報

  • 上杉謙信 ・スペインの国王宛に書かれた手紙には「景勝の叔母」と記載されている。 -- 2011-03-14 (月) 17:03:35