中尊寺金色堂

津軽為信(ツガルタメノブ)

レベル:数

60:5

タイプ

青ネームNPC(ノンアクティブ)

徒党構成

名前レベル種族(外見)初期状態主な使用技能
津軽為信60天地二段・改全体看破、守護術
沼田祐光59神主詠唱の韻・極神代の矢速攻の韻防壁の韻神の加護・四
小笠原信浄反射結界僧兵連撃・改業火法輪氷華法輪
兼平綱則陰陽師結界風壊等全体術、森羅天翔・改千紫万紅五芒陣低速呪霧・四暗黒呪霧・四星辰法
森岡信元陰陽師結界


備考

  • 23451と始末していけば問題のない敵。星辰法からの準備術連打に要注意。

出現地域

ドロップアイテム

武将列伝

津軽為信(1550-1607) つがるためのぶ
弘前藩初代藩主。大浦為則の娘を娶る。主家・南部家から独立し、17年かけて津軽を統一した。豊臣秀吉の小田原征伐に参陣し、正式に津軽の領主となった。
沼田祐光(????-1627) ぬまたすけみつ
津軽家臣。上野国沼田の出身。武者修業のため全国を行脚していた際に、為信の器量を見込んで仕官、その軍師となる。為信の津軽統一に多大な功績を残した。
小笠原信浄(????-1599) おがさわらのぶきよ
津軽家臣。主君・為信の創業期を支えた大浦三老の1人。信濃国の出身で津軽に移住し、大浦家に仕える。大光寺城、石川城攻めに従軍するなど、活躍した。
兼平綱則(????-1625) かねひらつなのり
津軽家臣。主君・為信の創業期を支えた大浦三老の1人。兼平家は大浦一族で、種里盛純(大浦盛信の弟)が兼平村を領した際に、地名を姓としたという。
森岡信元(1546-1600) もりおかのぶもと
津軽家臣。主君・為信の創業期を支えた大浦三老の1人。石川高信との戦いに参加して和徳城を攻略、城主となる。のちに為信から叛意を疑われ謀殺された。

その他情報

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 奥州の箱から牡丹の欠片 -- 2016-03-10 (木) 01:11:44
お名前: