独眼竜の野望
小田原の陣

蜂須賀家政(はちすか いえまさ)

レベル:数

  • 70:7

家紋

豊臣

戦闘開始時セリフ

されば一差し
舞うてみせん!

構成

名前職業レベル初期付与使用技
蜂須賀家政鉄砲鍛冶70黄母衣狙撃術蘇生・壱つるべ撃ち千鳥落し四段撃ち陽動・改、守護術
生駒家長槍侍65八箇必勝一所懸命・極全体看破霧散霧消、守護術
黄母衣衆精鋭鉄砲鍛冶65四段撃ち怒号・改、守護術
黄母衣衆精鋭
黄母衣衆精鋭
阿波の踊子一刀傾奇65詠唱の韻・極双光刃、各種龍閃、各種槌舞意気衝天・四全体看破
大雄山源勝棍棒僧65全体完全回復完全回復大日如来秘法全体回復・四回復・四僧兵連撃・改閻魔撃・弐凍気法輪紅蓮法輪双界法句諸法無我

特徴

黄母衣狙撃術

生息地域

小田原の陣

ドロップアイテム

備考

列伝

蜂須賀家政(はちすか いえまさ)
1558-1639 蜂須賀正勝の子。正室は生駒家長の娘・ヒメ。阿波徳島藩祖。
織田信長、次いで羽柴秀吉に仕え、中国毛利攻め、山崎の戦い、賤ヶ岳の戦い、紀伊雑賀攻めなど、秀吉の天下統一における合戦に従軍し、戦功を挙げた。
四国攻め後、父・正勝が辞退したため、阿波18万石を与えられる。
その後も九州の役、小田原の陣、朝鮮出兵などに参加し、武功を挙げた。
関ヶ原の戦いでは、西軍から親徳川の姿勢を糾弾され高野山へ追放されたが、家康上杉景勝征伐に同行させていた嫡男・至鎮が東軍として参加し、所領を安堵された。
至鎮が夭折した後は、嫡孫・忠英の後見として政務を取り仕切り、藩政の基礎を築いた。
阿波踊りの発祥と目されており、戦闘開始時のセリフはそれを踏まえたものと思われる。
生駒家長(いこま いえなが)
生年不詳-1607 生駒親正の義従兄弟。蜂須賀家政は娘婿にあたる。妹・吉乃は織田信長側室であるため、織田信長の義兄でもある。
初め、織田信清ついで織田信長に仕えた。信長に従い、浮野の戦い、桶狭間の戦い、越前攻め姉川の戦いなどに従軍。
本能寺の変後は、織田信雄豊臣秀吉に仕えた。
秀吉死後は、徳川家康の四男松平忠吉の家臣となり、1954石を知行した。
大雄山興源寺
徳島県にある臨済宗妙心寺派の寺院。大雄山は山号。蜂須賀家の墓所があることで知られる。

コメント

  • 2-5が常に釣ってくる、が、1345が鉄なため、法がいれば6大名最弱 -- 2011-05-04 (水) 03:46:10
  • 余裕ぶっこいてたら、つるべで全員5000くらいくらって瀕死になる時もある -- 2011-06-09 (木) 03:36:14
  • 1が沈黙の霧使用を確認 -- 2011-07-28 (木) 23:30:52
  • 鉄砲が多めなので法がいると楽。あと釣りが重なって標的が分散しやすいので、一点突破もしくは武芸の一意なども有効。 -- 2012-04-01 (日) 23:14:06