2005/11/26 (土)

 昨日の雪辱を晴らすべく、再び帰ってきました、星野山千尋窟。
徒党集めの段階で、2階から可能な人を探すだけで一苦労。
1階から連続だと、どうしても集中力は切れるし、疲れてしまうので、厳しい条件ながら、あくまで2Fからということで必死に勧誘しました。
 最後の1人・薬師さんが決まらず、出発できたのは勧誘始めて2時間後。時間大丈夫だろうか、と不安を抱きながら、乗り込んできました。構成:武士道・仙論・医術・雅楽・武芸・鎧・密教。
小田原で勧誘したので相変わらず北条人徒党ではありますが、薬師さんは2回程しか組んだ事がない、ほぼ野良徒党です。

 前回の教訓を胸に、今回はしっかり地図も調べ、徒党員に説明もして2階から進行します。
地図のお陰で(作成者様に本当に/平伏)さくさくと5人の僧達を見つけることができ、1丹と少しでボスまでの前段階が終わりました。
ボスにたどり着いた時は、1丹と1時間経過していたでしょうか。
実装を確認し、打ち合わせをしっかりして、薬も飲みなおして戦闘へ。

 ボスの邪術師は、相変わらず隙あれば綺羅光暈(準備なし術)を連打の構え。
2の守護、1の守護は硬く、守護で守られた後衛達は、術も容赦なく浴びせてきますし、3の陰陽の霧散、吹雪などで鍛冶さんの極みが何度も消され、なかなか安定できません。
神職さんは頻繁に飛んでくる気合呪霧と、各種▼への解呪、詠唱付け直しで大忙し。
私は開幕から孔雀、その間の回復は薬師さんが頑張ってくれたので、助かりました。m(__)m
(密教は確かに物凄く有効なボスなので、今まで「密教を」という指名で誘われる事が殆どなかった密教も、このボス攻略で誘われるのではないかという淡い期待が、、。自分は徒党を自分で作っていったので関係ないですが、、。)
 2から倒すのがいいとされているのですが、2は物理耐性が高すぎるので、今回は仙論なすがまま陰陽に任せて、五雷法で落として貰い、武芸さんは巫女などを殴っていました。(途中で僧が因果応報を巫女に入れたので、暫くは看破や術とめに専念していましたが。)
 2落として巫女も倒し、かなり行けると思ったのですが、まさかの薬師の蘇生が1の守護で通り、1も蘇生が来て再び7へ。
丁度私が死んでいる時に術連打が来たりして、こちらも2〜3人死亡しながらの戦いとなり、何度も駄目か、、と思うほどの苦戦でした。
 が、武士道さんが絶妙なみねと看破、滅却、時々沈黙で頑張ってくださり、武芸さんもそれに合わせてみね、剣風等で息が合ってきて術もかなり止まるようになり、鍛冶さんもやっと極みが安定し、その間に後衛が立て直しをはかり、数を減らしていきました。
時折、なすがまま陰陽が入れてくれた睡眠で1の攻撃が随分止まっていた事もありがたかったです。(この日彼は、攻撃に術止めにと大活躍だった。)
 1倒した後はかなり楽で(陰陽の仙論のようなアルゴにはかなり悩まされましたが)、落ち着いて倒して行く事ができ、
無事、地下2階クリアしましたー!
・・・結構辛かったので、暫くはやりたくないですが。

 地下3階も少し見てきましたが、マップが狭いだけで随分心理的には楽に思われました。
中ボスはなかなか手ごわかったので、時間がかかりそうだと見越してこの日はすぐに引き返しましたが、後日、また攻略してみたいと思います。
 とりあえず、
倉庫増えたよ、万歳ー!

 徒党の皆様、本当にお疲れ様でした。^^



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS