過去の遺物

戦国鬼合戦

公式サイト

http://www.gamecity.ne.jp/nol/event/oni2015/index.htm

期間

  • 開催期間 2015年2月4日(水) 定期メンテナンス終了後(11:30予定) 〜 2月18日(水) 定期メンテナンス開始時(8:30予定)
  • 報酬交換期間 2015年2月4日(水) 定期メンテナンス終了後(11:30予定) 〜 2月25日(水) 定期メンテナンス開始時(8:30予定)

概要

「戦国鬼合戦」は鬼ヶ島を舞台に、桃太郎軍団と鬼軍団とが争う侵攻戦です。
皆様は桃太郎か鬼、いずれかの軍団に加勢して、敵方と刃を交えます。
「戦国鬼合戦」の戦いは開催期間中、複数回行われ、それらの戦いを通じて立てた手柄に応じて、様々な報酬を獲得できます。

タイムスケジュール

  • 1回の陣は3時間。
  • 発生する陣は週26回、全52回全55回。タイムスケジュールは以下のとおり
曜日開催時間
6:00 〜 9:0011:00 〜 14:0016:00 〜 19:0021:00 〜 24:0025:00 〜 28:00
――――――戦国鬼合戦戦国鬼合戦―――
戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦―――
戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦(02/13のみ)
戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦(02/14のみ)
戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦(02/15のみ)
戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦―――
戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦戦国鬼合戦―――

戦場への移動

  • 安土(地球儀付近)か街の入り口付近に居る鬼ヶ島案内役から移動できる
    • 怪我状態や疲労がたまっていても、移動できる

報酬

  • イベント開催中に安土(地球儀付近)か街の入り口付近に居る鬼ヶ島案内役で獲得した手柄と交換できる


手柄

  • 財宝(納入時の値)
    種別手柄備考
    小粒な財宝50
    眩い財宝150戦果+1
    神々しい財宝250戦果+5
  • NPC
    • 02/11以降、獲得手柄が2倍に引き上げられた(表内は修正済みの値)
      種類(レベル-数)手柄備考
      一般兵猿・餓鬼(45-4)90生命低め
      大犬・ゴーレム(59-7)120生命低め
      先備
      主将(55-7)2400先・中陣武将
      副将(55-5)1200先・中陣武将、副将
      守備兵(53-7)120生命低め
      中備
      ☆☆
      主将(60-7)2400中・後陣武将
      副将(55-5)1200中・後陣武将、副将
      守備兵(54-7)120生命低め
      後備
      ☆☆☆
      主将(65-7)3600後陣武将、四天王、軍師
      副将(60-5)1200後陣武将、四天王、軍師、副将
      守備兵(59-7)120
      本備
      主将(65-7)4800四天王、軍師、大名
      副将(60-5)1200四天王、軍師、大名、副将
      守備兵(59-7)120
      総大将
      ★★
      主将(80-7)?桃太郎、鬼の大将
      副将(65-5)?軍師、大名、副将
      守備兵(67-7)?金枠
  • 継続
    種別手柄備考
    武将護衛310秒毎
    鬼名物護衛310秒毎
  • 兵站
    種別手柄備考
    大砲設置50資材が必要
    大砲作成50資材が必要
    1回につき3分短縮される
    大砲完成100短縮なしだと設置から1時間後
    櫓設置50資材が必要
    櫓作成50資材が必要
    1回につき3分短縮される
    櫓完成100短縮なしだと設置から1時間後
  • その他
    種別手柄備考
    罠設置10兵法書が必要
    罠発動100
    武将誘導100
    拠点制圧320誘導している武将が拠点を制圧した場合
    初回入場側勝利500鬼が島案内役より陣終了後に受け取り可能
    参加した陣毎に受け取り可能
    初回入場側敗北200

備考

手柄の稼ぎ方は次の通り。

  • 軍監もしくは小荷駄から鬼の風呂敷を受け取る。その後、合戦場に3箇所*1発生する不思議な葛篭から財宝を手に入れ、軍監もしくは小荷駄に渡す。
    • 入手した財宝は質によって3種類あり、価値*10の手柄を入手できる。ただし財宝は全て死亡消失属性があり、また陣が終わると納品できない。
    • 財宝入手時に一定確率で葛篭が消失する。その場合、別の場所に即座に葛篭が再発生する。
  • 合戦場にいる敵ユニットを撃破する。ユニットについては次の通り。なお総大将以外総崩れがある。
    • 邪魔者:レベル40代:手柄30:合戦場における足軽相当。道中にいる赤ネーム雑魚。生命3000弱と非常に弱い。
    • 守備兵:レベル50代:手柄60:合戦場における警邏雑魚相当。生命5000〜7000前後、攻撃力も低いが、確実に1体居る陰陽師が使う妖術だけは嵐刃や風壊であるため高い威力を持ち、また狐や妖草は惑わしてくる
    • 副将:レベル60:手柄600:合戦場における伏軍副将相当。同じくその程度の実力しか有していないが、例によって神主武将や薬師武将は高い火力*2を持つため要注意。
    • 名将:レベル60:手柄600:副将とは違い名有りの武将。高い実力と武将固有特技を有しており、お供もひときわ手強い。代わりに、まれに討取の証が手に入ることがある。
    • 主将:レベル65:手柄1800:連れ回せる上、雑魚や副将を呼ぶ能力を持つ黄ネームのNPC。後陣主将程度の能力を持ち、固有技能もバリバリ使うため徒党で挑みたい。
    • 大将:レベル70:手柄?:各陣の本陣におり、特定の条件を満たさないと出撃できない。大名並の強化を施されており、これに挑むとかそういう馬鹿な考えは捨てた方がいい。
  • 主将・大将はある条件で奮起し、戦闘開始直後or奮起直後に次の技能を三連続で連発する
    • 奮戦・絶:超高確率かつ長時間の全体麻痺仏滅密呪
    • 奮戦・黙:超高確率かつ長時間の沈黙の霧+霧散霧消
    • 奮戦・殺:敵全体の生命力を超高割合(90-95%)で削り取る。お慈悲で即死はしない。
      • つまり、主将や大将を叩いてはいけないということ(ただしどちらも黄ネームである)。
      • ただし、沈黙でこれらの技能を止めることが出来る。交戦が切れたのをみてから沈黙を使えば1は全く動かなくなるので逆に楽になることも。

コメント

#pcomment(reply)


*1 自陣側に1つ、敵陣側に1つ。場合によっては中央の鬼ヶ島の周りに現れることもあり
*2 前者は神代術&神代矢or天神閃、後者は刹雷や災禍の雷や難治撃