勇士の章

お供システム

概要

  • 勇士の章で追加されたシステム。
    様々な動物がプレイヤーキャラクターの「お供(ペット)」として、冒険時から戦闘まで付き従ってくれる。
    家臣同様に「絆」を結ぶことでPCの能力をアップさせることができる。

入手・別れる

  • アイテムきび団子を使用することで、お供を連れ歩けるようになる。
    • きび団子はゲーム内での一部報酬や信長コインの交換品から入手可。
  • お供を連れた状態でNPC鳥獣商に話しかけると別れることができる。
    • 一度別れたお供は二度と再雇用できないので注意。
    • 別れたお供の等級に応じてお供成長薬を入手。

お供となる動物

  • お供各種に1〜4の等級が存在し、等級により基本能力とレベル上限が変わる。
強い忠誠心を持ち、主人となるプレイヤーキャラクターを強化しつつ戦う。
持ち前の賢さで敵を翻弄し、対象を弱体化するなどのサポートをする。
類まれなる力で、敵を打ち倒す。特にクリティカルヒット時の威力は絶大。

成長

  • 経験値を一定値まで貯めるとレベルが上がる。
    • お供を連れた状態で戦闘に勝利することで経験値が得られる。
    • お供漢方を与えることで経験値が得られる。
  • レベル上限はお供の等級によって決まっている。
    • お供成長薬を使用することでレベル上限を上げることができ、レベル上限が10上がると等級が1上がる。
  • レベルが2上がるごとに訓練を1回行うことができる。
    • 訓練はやり直し不可であり、さらに訓練手伝いに選んだお供のステータスにより効果が変動するため、いきなり本命のお供を育て始めると不利になることに注意が必要。

随伴・共闘

  • 移動中にプレイヤーの後ろをついてくるほか、戦闘中に助けに入ってくることがある(徒党員としては戦闘に参加しない)。

友好度

  • お供には友好度が存在し、主人になついていると戦闘中に助けに入ってくることがある。
  • 友好度はお供おやつを与えることで上昇する。

技能の設定

  • お供1体につき3つまで技能を設定可能。
  • 行動系技能は技能枠の1枠目にのみ設定できる。
  • 技能詳細はお供となる動物の詳細ページより。
      

お供の絆

  • お供と絆を結ぶと、お供のステータスの1/10がプレイヤーの能力として加算される。

備考

  • 等級3以上のお供は信長コインによる追加課金でのみ入手可能。
    • お供成長薬を10個集めて上位の成長薬に変換することでレベル上限を上げていく方法も理論的には可能だが、必要個数が多いため非現実的。
      例として等級1のお供を等級4まで育てるためには、各種団子・壱(「お供入門箱・壱」より19%の確率で入手)の場合1110個も必要となる。
  • 訓練のやり直しができないため、お供の絆を強化するためには連れ添ったお供と別れる必要がある(一度別れると二度と手に入らない)など、現状ではユーザー目線に欠けた仕様が目立つ。

関連項目

お供の訓練

コメント

#pcomment(reply)