九州三国志
島津家

種子島時堯(たねがしま ときたか)

種子島02.jpg

レベル:数

55:5 沖田畷の合戦 (龍造寺家)
57:5 耳川の合戦 (大友家)

構成

名前職業レベル初期付与使用技
種子島時堯鉄砲侍55/57元祖狙撃術石火矢発射つるべ撃ち零距離射撃三段撃ち武運長久一所懸命/真剣勝負全体看破・弐蘇生・壱沈黙の霧・壱、闘魂術、守護術
八板金兵衛鉄砲鍛冶54/56三段撃ち零距離射撃乱射乱撃陽動仁王立ち、守護術
種子島精鋭鉄砲侍53/55三段撃ち零距離射撃一所懸命地勢看破霧散小細工無用沈黙の霧・壱、守護術
宝満神社禰宜弓神主53/55、反射結界詠唱の韻・極神風雷撃・参嵐撃・参破界の光・極子守歌まどろみの唄、各種韻・参英明の韻・参気合の韻・参全体解呪
本源寺住職杖僧53/55、術結界全体完全回復完全回復全体回復・参凍気・参紅蓮・参破界の光・極愛染明王法一喝高速化・参英明・参罰当たり・参冥護結界・弐因果応報後光霧散霧消霧散全体喝破

特徴

石火矢発射
敵全体に間接攻撃を行う。モーションは国崩し。準備中でも気合ダメはなし。
元祖狙撃術
敵単体に間接攻撃を行い、生命継続減少状態にする。

生息地域

ドロップアイテム

列伝

種子島時堯
種子島家の当主。種子島家は代々種子島の島主として栄えていた一家である。
1543年、ポルトガル商人の乗った交易船が日本に遭難し、鉄砲が種子島にもたらされる。
時堯はその先鋭性に惹かれ、直ちに銃を購入。御用鍛冶の八板金兵衛に銃の複製を命じたとされる。
種子島銃がなければ長篠での織田家の勝利もなかったという点では、時堯は日本の近代化に大きく貢献したと言える。
種子島銃は紀伊の津田監物(複製は芝辻清右衛門が行った)や堺の商人橘屋又三郎の手により全国に広まることとなった。

その他情報

  • 石火矢は生命に関係なく連発してきます・・・運なのかなこれ -- 2008-04-12 (土) 03:57:38
  • 多分、石火矢発射よりつるべの方が痛い。全体に2,000↑きた、生命3000で防御500の暗殺だったけど1発でやられた -- 2008-05-21 (水) 21:57:01
  • 闘魂のせいかつるべで3000↑食らった -- 2008-08-26 (火) 21:24:12
  • 八坂か八板か確認取れたら修正おねがいします -- 2009-04-30 (木) 12:48:21
  • 八板です 確認したので修正しました -- 2010-01-19 (火) 19:34:08
  • 薬師之匠・九と家具・四をもらいました。伝助の上級生産目録では薬師之匠・九になりません。 -- 池照薬師? 2010-06-04 (金) 20:59:25