敵NPCリスト

敵NPCには独特の風格があり、それによって戦闘前から、ある程度の能力の推測が可能である。
また、合戦の武将やダンジョンの(いわゆる)ラスボスは、それ相応の風格を持っていることが多い。
「格」は、敵NPCターゲットしたときに右上に水引の形で表示される。

格の違いが最も顕著に表れるのは乱れ吹矢の追加効果である。詳細は同技能ページを参照せよ。

格の種類について

  • 公式名称は「銀線、金線、金銀線」

金の水引(真珠が2つ)

  • クエストの最終的なボス、大名格を示す。真珠の水引とも。
  • 勢力大名、大物主窺天魔王妖魔召喚士イザナミ迦楼羅天翼龍九州三大カグツチ奥州大名等がこれに相当する。
    また、いわゆる門前封鎖を防ぐため、合戦場の門番精鋭もこの位格を有する。
  • 生命力は無格の5倍以上。多くは破格の強さを有している。
    また、能力とは別に、ある程度状態異常に対する耐性を有し、戦勝の理などの対策技能を有していることも多い。
  • 徒党の構成員すべてに対し、乱れ吹矢の追加効果、恐怖の唄帰依が無効。
  • BGMは固定でLastBoss?、いわゆるクレジット。
    • ただし、以後のBGMもそうだが、ダンジョンで指定されているBGMが優先される。
  • 称号にこの敵を1000体倒すと手に入るのがある、楽なのは忘却の魔境大物主ノック。

金の水引(真珠が1つ)

  • ボスNPC格。ほとんどの場合、単純に強いだけでなく、理由あってその格を与えられている。
  • 勢力本城の城代・城将や合戦武将、TDボス、一部フィールドボス、ダンジョン内八雷神、侵攻型ダンジョンボス、根国ボス、抜け忍の才蔵、九州・奥州武将などが該当する。
  • 生命力は無格の3倍以上。多くはLvよりも遥かに強く、違いがはっきりと実感できる。
  • ボス本体設定職業に関わらず蘇生・壱蘇生の秘薬を使用可能。
    また、看破できる職の多くや、陰陽師が霧散霧消を有している確率が高い。
  • ボス本体、および精鋭お供は潜在能力の激戦武勇、激戦知勇の効果に対象になる。
  • この格からのみ使用できる技能が存在する(炎獄天部光矢など。)
    また、一部ダンジョンでは、ある種の結界の有無に応じて破界の光・極破界の雷戦雲の魁を使用する。
  • 徒党の構成員すべてに対し、乱れ吹矢(の特殊効果)、恐怖の唄帰依が無効。
  • 仕込み針でボス本体(+精鋭属性お供)を除く構成員に対し、生命1効果が有効。
  • BGMはLv差+0〜+9でSecondBoss?、それ以上でLastBoss?
    • 各ダンジョン最奥に現れる八雷神の幻影のみ、必ずLastBoss?が流れる。

銀枠

  • 副将格。単に希少なNPCであることを示すためだけの場合も多い。
  • 警護・屯所兵隊長、合戦・九州・奥州副将、妖魔陣の特殊NPC、TDボス、レアポップNPCや評定武技のボスなど無数のNPCがこれを有する。
  • Lvから想定される生命力の2倍以上の生命力や各種能力値を持ち、並のNPCよりも手強い。
  • ボス本体、および精鋭お供は設定職業に関わらず蘇生・壱を使用可能。
  • 徒党の本体を除いた構成員すべてに対し恐怖の唄帰依が有効。
  • 激戦武勇ほか激戦潜在能力はすべて無効。
  • BGMはLv差+0〜+3でFirstBoss?、それ以上でSecondBoss?

精鋭お供(ネームド)

  • 徒党構成員(お供)のうち、特に汎用的でない名前を有するNPC(以下精鋭お供)のこと。
    特に、本体とゆかりのある史実武将の名前を与えられたお供が多い。
  • 精鋭お供は多くの場合、高い位格を有し、通常のNPCよりも強力な技能を使うことが多い。
    また、職や外見に関係なく蘇生・壱蘇生の秘薬武運長久などを使うことがある。
  • 反面、格が高いお供は、激戦系潜在能力の効果対象になる。

sample.jpg

上の画像は2016/8/26時点での三好長慶(弱体無し)の構成である。
この場合、三好長慶の他に三好義興*1と三好義継*2がネームドお供ということになる。
また3はネームドではないが、合戦大名の特殊性*3によりネームドお供相当の位格を有する。

その他情報

  • 初ページ作成です。手直していただけると助かります。またどのページからもリンクされていないので適当な場所にリンクしてくださる方も御願いします -- 作成者? 2008-07-15 (火) 17:08:58
  • 例外も多いのであくまで目安としての参考ですが、何も格のない同じタイプの敵と比較して、銀色だと生命が倍、金1つだとさらに倍となっている感じです。 お供などは大抵これで生命が計れますが、1など固有キャラは個別に設定されていることが多いです。金2つの大名なども恐らく。 -- 2008-07-15 (火) 18:58:52
  • 合戦Nは足軽から本陣巡回Nまですべて銀枠です。本陣の中のN は金枠 -- 2008-08-11 (月) 13:43:48
  • 忍の技能の変装はこのページのどれと戦闘回避できますか? -- 2009-08-15 (土) 00:47:44
  • ↑えっとここで聞く事じゃないから質問箱を勧めるけど…野外や町にいる勢力NPCにしか効果ありません。敵視敵対国の赤ネームNPCが一時的に青ネーム(絡まれない)になります。 -- 2009-08-15 (土) 02:10:17
  • 新星Dのボスには銀枠のNが多いので乱れ吹矢がかなりいい感じです。本体の1すら生命1で楽勝です -- 2010-06-04 (金) 20:14:24
  • 牛頭の遣い魔静御前の幻影巴御前の亡霊で乱れ吹矢生命1を確認-- 2010-06-07 (月) 23:44:52
  • 名前付きの武将などは強烈に強く、特殊な技能を有している場合が多いので、注意が必要です。 -- 2016-08-27 (土) 22:55:59


*1 史実武将。長慶唯一の嫡子、つまり実子だが、若年22歳にして早逝。
*2 史実武将。長慶の養子、十河一存の子。
*3 お供6名のうち234は必ずネームド相当の位格を有し、可能な限り史実に基づいた武将が担当する。また配置中の陣代武将と名前が被ってはいけないため、必然的に使える名前が少ない。