クエスト

昇進試験

※2013年11月現在、および忍者以外は、昔のように合戦場に入り浸ったり、足しげく目利きに通って納入しなくも、
 休日1日評定依頼(の特に武技鍛錬壱〜伍)を延々こなして昇進試験をこなしていくだけで、「奉行」まで昇進出来るほど緩和されています。
 また評定依頼にも目利き納入は健在なので、同じく緩和された生産目録を全皆伝してから価値30前後の金箔・緋色の羽だけで作れる装備
 を納入するだけで、数千貫と領国銀数百枚でこれもいとも簡単に「奉行」で昇進出来ます。ただしどの方法でも昇進試験の突破はすべて必要です。
 その後の合戦で運よく武将や四天王を倒すことが出来れば、「中老」や「家老」になれます。

※目利き納入では、一気に納入するとそれぞれの身分での勲功上限値以上は勲功が入らないので、一個納入あたりの勲功値を
 把握して丁度3500、6500、12000、22000、44000前後で止める(足りない場合はさらに数個納入するか別の評定依頼で補填する)と良いです。  

足軽(レベル5)・足軽組頭(勲功350)・足軽大将(勲功900)

(注)もののふのうちは勲功は75まで (注)中級クエストの進行により与力昇進を超える勲功(2000)が貯まってから気付くことになりがちですが、内政等で勲功値を貯めると従来通り900で足軽大将、1800で与力へと昇進できます。

与力(勲功1800)・侍大将(勲功3500)・目付(勲功6500)・奉行(勲功12000)

(注)通常昇進試験をクリアしないと勲功は上限以上には上がらない。ただし、主君直筆感状使用では可能。
 また赤色敵国NPC(関所兵、伺見、屯所関連、門衛、警護や敵城NPCなど)を倒すことでも、
 上限以上に勲功が入ります。ただしこちらはお尋ね者(廃城以外の敵国領で敵国PCに対人戦を仕掛ける権利を与える)になることと引き換えです。

中老(勲功22000)

  • 寄合所で、中老試験の昇進クエストを受けていること。
  • 自国の合戦において、敵の要害の大将(NPC武将)を倒すこと(副将は不可)。
  • 該当NPCを倒した戦闘の終了時に戦闘不能状態でないこと。
  • 掲示板に載る(徒党の旗頭である)ことは廃止され、現在は必要ない。
  • 東西大合戦は対象外

家老(勲功44000)

  • 寄合所で、家老試験の昇進クエストを受けていること。
  • 自国の合戦において、敵本陣の四天王、軍師、大名のいずれかを倒すこと。
  • 該当NPCを倒した戦闘の終了時に戦闘不能状態でないこと。
  • 掲示板に載る(徒党の旗頭である)ことは廃止され、現在は必要ない。
  • 東西大合戦は対象外

関連